一都二県へ日帰りバス旅行

と言っても、今日ではなく昨日のことです。
早朝から夜まで、バスに乗っている時間が長かったため、疲れて写真を取り込む気力がなく今日になりました(^^ゞ

長男が中学2年の時に一緒に委員をしたお母さん二人との2度目のバス旅行でした。
11人いたのですが、気の合う三人が残りました。

まずは東京の葛飾区にある水元公園で花菖蒲(ハナショウブ)を・・・
画像

散歩するのに、これほど良い環境があるかなと思うくらい広くて気持ち良い公園でした。
画像

睡蓮の花がたくさん咲いていました。
その中で、ここだけなぜか紅白の花が・・・

次に茨城県潮来(いたこ)、歌にも出てくるので地名は知っているのに漢字を知りませんでした。恥ずかしい。
潮来で有名なサッパ船で昼食をとり、十二の橋の下を通りながら、満開の紫陽花やあやめの花を見てきました。
画像

元気な女性の船頭さんがたくさんいました。

最後に千葉県銚子へ・・・酒蔵見学や銚子の海へ。
画像

犬吠埼の灯台から見た海です。天気が良いと、青くきれいに見えるんですよと売店の方から聞きました。
着いた4時過ぎからポツリポツリと雨が降ってきましたが、ここが最後の見学地だったため、傘を使わず見て歩くことができて助かりました。
今日だったら大変でした。(朝から警報がでるほどの大雨だったので)

水元公園の菖蒲(ショウブ)、潮来の菖蒲(アヤメ)・・・私は見分けることができません。
一応、湿地で咲くか、水分の多い草原で咲くかの違いや、花の柄の違いなどを聞きましたが、それでも??です。
花菖蒲は、湿地でも乾燥したところでも咲くというので、ますます混乱。難しいです。

銚子ではイワシや醤油が有名です。
大好きなイワシの佃煮をお土産に帰宅しました。

"一都二県へ日帰りバス旅行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント